ケン・リュウ『蒲公英王朝記 巻ノ二 囚われの王狼』2016-09-19 14:44

 待望の幻想武侠小説シリーズの第二巻。と言っても原書の一冊を翻訳で二分割したものだから、正しくは第一巻の後半だ。前巻から引き続き、作者は紀元前三世紀における「項羽と劉邦」の戦いを異世界に移し替えて辿りつつも、少しずつ細部をズラしながら物語を進めていく。このズラし方が実に巧妙で、なおかつ、シルクなど生物由来の素材を使ったテクノロジーを織り込んだ小道具が異世界の雰囲気を盛り上げる(作者は本書を「シルク・パンク」と呼んでいる)。元の物語の魅力を生かしながら、立派にケン・リュウのオリジナル作品になっているところが素晴らしい。たとえば(ネタバレにならないよう名前は伏せるが)、ある主要登場人物の性別を作者は変えており、これが結末に向けて絶大な効果を発揮しているのだ。

 後半の読みどころは三つある。まずは、先にザナ帝国の首都パンに辿りついて好き放題にやっていたクニ・ガルが、後からやって来たマタ・ジンドゥの怒りに触れて謝罪する場面。マタが来るのを待っていたのだという真っ赤な嘘を、巧みな弁舌で周囲に信じ込ませるクニ。一人嘘を見抜いた参謀ペリンの命のもと、剣の舞の最中にクニを殺そうとするロウ・ミノウセ。それを聞いたミュン・サクリがクニを守るために突っ込んでくる。「鴻門の会」「剣の舞」として知られる名場面だ。ミュン・サクリの勇猛果敢さに、しびれるねえ。
 次は、辺境の地へ追いやられたクニが反撃を開始する場面。ここで活躍するのが、クニの第二夫人となる煙使いのリサナと、男勝りの女兵士ギン・マゾウティだ。特にマゾウティは、その壮絶な生い立ちにより鍛えられた圧倒的な戦闘能力と、冷徹かつ的確な判断力で大いに活躍する。あっと驚く新兵器の登場もあり、ここはケン・リュウのオリジナリティが大いに発揮されているところ。
 そして、最後に、言わずと知れた「四面楚歌」である。愛するミラとともに敵に囲まれ苦悩するマタ・ジンドゥ。その周囲で故郷コウクルの歌声が響く。ここは実際に読んで、じっくりと味わっていただきたい。

 以上、とにかく登場人物が生き生きしている。動いている。物語が力強く、台詞に含蓄がある。ジャンルを超えた面白さがあることは間違いない。クニ・ガルの子供たちが主役となる続編の翻訳が今から楽しみだ。そのためには、本書ができるだけ多くの人に読まれる必要がある。未読の方に、ぜひともご一読をお勧めする次第である。

アン・レッキー『亡霊星域』2016-08-16 06:27

 ヒューゴー・ネビュラを始め7つのSF賞を総なめにしたデビュー作『叛逆航路』(2013年/2015年邦訳)は日本でも評判がよく、この7月にめでたく星雲賞まで受賞したので、一作で8冠、シリーズ全体(三部作)では11冠となった。どうしてこんなに評価が高いのか。前作を読んだ限りでは、ミリタリーSFの衣裳をまとってはいるが、それよりも文化人類学的SFとしてよく出来ているという印象を受けた。人間の身体に意識を上書きした兵士である「属躰(アンシラリー)」となった「わたし(実は人工知能)」が、千年ぶりに再会した元副官とともに極寒の惑星をさまよう物語と、三人称がすべて「彼女」になっているというジェンダーを撹乱する叙述法は、明らかにル・グインの『闇の左手』を意識したものだったし、アナーンダ・ミアナーイというインド系の皇帝に支配された帝国や、宇宙空間に居住するタンミンド人という設定などには、西欧文明とは異質な世界観を描こうという意欲がうかがえたからである。

 凡百のミリタリーSFがつまらないのは、その設定や世界観が現実の軍隊の延長に過ぎず、軍隊の性格上秩序や規律をみだすこともできず、単一の世界観や正義の名のもとに異質なものと戦い、それを排除するという単純な構図からの脱却が難しいからだ。そんなものは、異なる価値観とのぶつかり合いを通じて認識の変革に至るというSFの本質とは何ら縁のない愚作であると私は硬く信じている。これに対して本シリーズは、ミリタリーものでありながら、文化人類学的SFでもあり、サイバーパンクやシンギュラリティの要素も含み、しかもキャラクター小説としてもよく出来ているという、一粒で三度も四度もおいしいお菓子のような、様々な魅力を備えている。それが人気の秘密ではないだろうか。

 さて、二作目となった本書では、「わたし」は〈カルルの慈〉艦長として、副官セイヴァーデンとともに茶の生産地である惑星アソエクへ向かう。と言っても、物語は惑星ではなく、ほとんどが一種の階層社会となっている宇宙ステーションで進む。「わたし」は、無人星系に続くゴースト・ゲートで行われている陰謀に気づき、それに巻き込まれていくが……。前作と違って、舞台が宇宙ステーションにほぼ限定されていて、そこが人工の世界であるという設定上、異質性があまり見られないことや、万能に近い権力と能力を持った「わたし」が弱きを助け強きをくじくという、水戸黄門的なストーリー展開が類型的に見えてしまうことを不満に思う方もいるだろうが、逆にその分、前作よりも読みやすくなっていることも事実である。また、シリーズを通してのテーマもよりくっきりと浮かび上がってきた。おそらく、それは「贖罪」である。帝国皇帝の分裂のきっかけがガルセッドでの原住民虐殺にあることは何度も示唆されているし、本書での「わたし」の行動の背後には、大切な人を殺してしまったことへの罪滅ぼしがある。人がどんどん死んでいくミリタリーSFでこんなことをテーマにしていたら、話が進まないし、ページがいくらあっても足りないだろうと思うのだが、その困難に敢えて立ち向かっているからこそ本シリーズは面白いのだ。完結編である三作目の刊行が楽しみである。

ハーラン・エリスン『死の鳥』2016-08-15 09:54

 1960年代後半から70年代後半にかけてのハーラン・エリスンは光り輝いていた。短篇・中篇部門でヒューゴー賞を六度受賞。小さいくせに生意気でけんかっ早く、初めて会ったアシモフに対して「大したことないなあ」といきがってみせたり、タブーいっさい抜きで書かれた意欲作ばかりを集めたアンソロジー『危険なヴィジョン』を編集してみたり、とにかくやることなすこと反権力的で、しかも様になっており、抜群に格好良かった。行動やエピソードの方が有名になってしまい、肝心の作品が霞んでしまうタイプの作家は多いが、ことエリスンに関しては、決してそんなことはなかった。濃密な文体と凝りに凝った構成から成る数々の傑作短篇は、エリスンの作家としてのレベルの高さを示していた。まさに「山椒は小粒でも、ぴりりと辛い」を人物面でも、作品面でも実践していたのがエリスンだったのである。

 さて、本書はエリスン黄金期の傑作ばかりを収録した日本オリジナル短篇集である。全十篇中ヒューゴー賞受賞作が五篇、エドガー賞受賞作が二篇あるから、当然面白さは保証つき。新訳こそ一つもないものの、雑誌やアンソロジーに埋もれたままだった作品をまとめた意義は十二分にある。複数の作品を関連させて読むことによって、変幻自在な文体や過激なほどの暴力描写の影に隠れて見過ごされがちな、エリスン独自のテーマが鮮明に浮かび上がってくるのだ。それは一言でいえば、あふれんばかりの情念であり、運命に虐げられたものの怒りと悲しみ、救済としてのノスタルジーである。管理社会で暮らす人々に対して「自分のペースで人生を送ったらどうだ!」と叫ぶハーレクィン(「『悔い改めよ、ハーレクィン』とチクタクマンはいった」)、無意味に死んでいく竜討つ者(「竜討つ者にまごろしを」)、コンピュータやスロットマシンの中に閉じ込められた人間たち(「おれには口がない、それでもおれは叫ぶ」「プリティ・マギー・マネー・アイズ」)。彼らは皆、人知を超えた運命に対して戦いを挑んでいる点で共通している。また、「ランゲルハンス島を漂流中」の主人公は、「ジェフティは五つ」に登場する永遠の子供、ジェフティも持っていた「あるもの」によって魂を救われる。こうして見ていくと、表題作である中篇「死の鳥」は、二十五万年の眠りから覚めたネイサン・スタックの闘いと救済を様々な文体で象徴的に描いた作品であり、ここにエリスンの特色が遺憾なく発揮されているということがよくわかる。文句なく集中の、いやエリスンの全キャリアを通じてのベストであろう。

 今までエリスン唯一の短篇集であり、エヴァ最終回のタイトルを始め、多くのタイトル元となった『世界の中心で愛を叫んだけもの』は、正直言って、いいものもあれば悪いものもある、玉石混淆の短篇集であった。本書は掛け値なし、すべて「玉」の短篇集である。これからは、エリスンってどんな作家なの? と聞かれたら、黙って本書を差し出せばよい。ハヤカワ文庫SFは、ここのところ、ヴァーリイ、コードウェイナー・スミスと作家の集大成的な短篇集の刊行を続けているが、大変素晴らしいことである。ぜひ、この路線を続けていってほしい。

榊原淳子『ヌーン・ムーンを見るために』2016-05-10 23:37

 ゴールデンウィーク中に、いつものように、京都のみやこめっせで行われる古本まつりに出かけた。昔ほど古本を買い込むことはないのだが、懐かしい名前を見かけて、榊原淳子の本を二冊購入。1886年に出たエッセイ集『ヌーン・ムーンを見るために』と1987年の詩集『ボディ・エレクトリック』(どちらも思潮社刊)である。

 知らない人のために説明しておくと、榊原淳子(1961年~)は愛知県春日井市出身の詩人。ユリイカ投稿欄から出て来た女流詩人として70年代末から80年代前半に活躍。他の詩集に『赤いえんどう豆でありたい』1979年(昧爽社)『世紀末オーガズム』1983年(思潮社)がある。エッセイ集などによると、早熟な文学少女だったらしく、中学でサガンやボーヴォワールを読み、高校で観念的かつ前衛的な現代詩をものし、大学1年のときには、既に第一詩集を出版していたということになる。現実世界に違和感を持ち、観念と現実とが激しくぶつかり合う、こうしたタイプの表現者は得てしてSFと相性が良かったりするものだが、エッセイ集では、ホーガン『星を継ぐもの』やニーヴン&パーネル『神の目の小さな塵』への熱い想いを存分に語っており、その衒いのなさに圧倒されてしまう。ちょっと引用してみよう。

「私の、浅い読書体験における、ダントツ一位が、この『神の目の小さな塵』だ。ホーガンの例の三部作をも、簡単に抜き去って。(略)これだけは、本当に、生きてて良かったと思わせてくれる本だ。『神の目の小さな塵』に、めぐりあえたことは、私のとても大きな幸福だ。でも、まー、他の人にとっては、それほどの本でもないのかもしれないけど。『神の目の小さな塵』を読んで、SFの可能性を思った。SFに、あんなことができるのか、と感心した。私も、ああいったことがしてみたいのだ。」(『ヌーン・ムーンを見るために』255頁)

 すごいでしょう? いや、『神の目の小さな塵』をここまで褒めた人はおそらく他にいまい。「他の人にとってそれほどの本でない」のは間違いないと思う(笑)。どうやら「クレイジーエディ」という観念にいたく感動したらしいのだが、初心者にとっては、プリミティヴなアイディアこそが輝いて見えるということなのだろうか。第三詩集である『ボディ・エレクトリック』は、SF実践編というわけなのか、未来のアンドロイド、ベネディクト・パトリテクトに恋する「私」を描いた連作詩がほとんどを占めている。アンドロイドと言っても、赤い血を流し、普通の人間同様セックスもできるようだし、これではほぼ普通の人間と変わらない。心が通じないなんて、人間同士でもしょっちゅうだしね。そこをねらっているとしたら、なかなか上手く出来ている。著者はディックにも影響を受けているようだ。

 エッセイ集に話を戻そう。ここまで書いておいて何だが、SFに関する部分よりは、自伝的な部分の方を興味深く読んだ。それも当然であって、春日井市の本屋、千種駅からバスに乗った風景、アングラ演劇で有名な大須の七ツ寺共同スタジオなどなど、名古屋、春日井で育った自分が3年遅れて目にしてきたのと同じ光景がここには描かれている。懐かしくないわけがないのだ。また多少フィクションが入っているのだろうが、赤裸々に描かれる恋愛体験にも、ついつい引き込まれてしまった。二人目の恋人であったSさんというのは、明らかに北村想だろう。先日『DOWMA』という北村想脚本の演劇を観たばかりでもあり、何か因縁を感じてしまった。

 実は自分は、榊原淳子と一度会っている。20歳のころ、地元の中日新聞が開催した漫画に関する座談会に、大学漫研部長として出席したときのこと(1984年)。座談会には、名古屋同人誌会の創始者である堀田清成、『楽書館』主宰の水野流転など錚々たるメンバーが参加していたが、その中に既に結婚して大阪に住んでいた榊原淳子がいたのである。当時はどういう方か全く知らなくて、漫画にすごく理解のある詩人で、キレイな人だなあとという印象を受けた。エッセイ集では、自分は大学時代から恋人がいなかったことがなかったと書いてあるが、さもありなんという感じ。

 蛇足を一つ。ネットを検索すると、『ふがいない僕は空を見た』などで知られる作家の窪美澄が高校時代に印象に残った詩として榊原淳子の「宣言」を上げていた(WEB本の雑誌、2011年)。今こそ榊原淳子を再評価すべきときなのかもしれない。

アン・レッキー『叛逆航路』2016-05-08 18:17

 昨年の11月に出た本だが、ヒューゴー・ネビュラを始め多数の賞を取っていることもあり、気になっていながら読めないまま、あっという間に半年近くが過ぎてしまった。今回続編が出たのを機に、さすがに気合を入れて一気に読む。結論から言うと、面白い。読む価値は十二分にある。ただし、内容がそれほど斬新であるというわけではない。帯には“『ニューロマンサー』を超える快挙”とあるが、それはあくまでもデビュー長篇が取った賞の数のことであって、本の内容のことではないので、ご注意のほどを。

 艦船自身が主役であるとか、「わたし」が同時に20人いるとか、3人称代名詞がすべて「彼女」であるとか、いくつか目新しい点はあるが、物語の中心はそこにはない。かと言って、ドンパチを中心としたミリタリーSFでも、もちろんない。本書は、入念に作り込まれた異世界設定がもたらす異文化体験を主眼とした文化人類学的SFとしてまずは読まれるべきではないだろうか。

 遙かな未来、ラドチャーイと呼ばれる星間国家が、他の惑星に入植した人類に対して「併呑」という名の侵略を行い、意識を上書きした「属躰(アンシラリー)」に作りかえ、兵員として従属させている。その結果、一つの意識を持った艦船が、同期させて同じ意識を持つ「属躰」を何体も兵員として乗せることになる。物語は、2000年もの間、200人の「属躰」を乗せた兵員母艦としてラドチャーイに仕えてきた「わたし」が、一人の「属躰」となって、極寒の惑星ニルトで、1000年前に艦船の副官であったセイヴァーデンに偶然出会うところから始まる。どうやら「わたし」は艦船と他の「属躰」を失い、たった一体になっているらしい。一体何が起きたのか。物語はこの現在と、19年前に惑星シスウルナで起きた事件とを交互に語る形式で進んでいく。最初は何が起きているのかよくわからないと思うが、徐々に世界の背景と謎の核心が明らかになっていく構成を取っているので、ぜひとも我慢して読み進めてほしい。それぞれの惑星の文化、宗教など実に丁寧に書き込まれており、それだけでも十分読み応えがあるはずだ。個人的には、宇宙に居住するタンミンド人の宇宙観が興味深かった。極寒の惑星を舞台にしていることもあり、ル・グィン(『闇の左手』)やコーニイ(アイスデビルが登場する!)など先達作家へのオマージュが感じられるのもうれしいところ。最初は非人間的で異質なものに映る「わたし」=1エスク19=ブレクが、読み進むうちに、実に人間らしい一面を見せていく意外性が、本書がこれほど人気を集めた理由だろうか。同じ主人公、直後の時間軸で語られる続編が楽しみである。