私的名古屋SFファンダム史07(1979)2012-02-20 21:53

 前回の続き。高校受験を控えた中3の1月(1979年1月15日)にもスペースフォースの例会に出かけている。当時は午後の例会の前に、鶴舞から古本屋や本屋を回りながら栄まで歩くのが楽しみで出かけていたような気もする。たとえば、この日購入した本は以下の通り。『デューン/砂丘の子供たち1・2』『無常の月』『リングワールド』『SF百科図鑑』『霊長類南へ』《SFM》バックナンバー1970~1976年まで8冊、《ぱふ》、丸善で《F&SF》1978年12月号(前回例会時に星新一「おーい、でてこーい」の英訳が掲載されていた11月号を初めて購入して面白いと思ったので、続けて買っている)。《SFM》のバックナンバーが徐々に集まっていくのがとにかくうれしかったなあ。『はみだしっ子』を知り、夢中で読みふけったのもこの頃だ。特に5巻「奴らが消えた夜」と6巻「裏切者」は大好きで何度も読み、涙した。今でも仕事で何か報われないことがあると、「よくやったことの報酬は、それをよくやったことだけさ」と心でつぶやくことは多い。映画『2001年宇宙の旅』のリバイバル公開もこの頃。2月25日に観に行って、大変感銘を受けた。こんな生活なので勉強はほとんどしていなかったが、何とか我々二人は公立高校(千種高校と明和高校)に合格し、4月より晴れて高校生となった。自分は国鉄と地下鉄の乗り換え駅が千種だったので、毎日ちくさ正文館に寄れるようになる。これが一番うれしかったことかもしれない。

 4月には中学時代の友人O部とともに、3度目のスペース・フォース例会に出かけている。O部は中部工大付属高校に入学しており、そこでSF好きの友人を早速見つけたようで、5月には、その友人を連れてスペース・フォース例会に出かけている。その友人こそが今でもつきあいが続いている原科(「TORANU TあNUKI」初代編集長)である。最近のアンビ例会で原科と最初に出会ったのはいつだろうという話題が出ていたので、ここにきちんと記しておく。1979年5月20日、何と今から33年近く前(!)のことである。

 さて、当時の例会の様子はと言うと、スペオペの会なので、あまり本格SFの話はできず、漫画やアニメの話が多かったと記憶している。ガンダムの放映も始まっていたので、設定書のコピーなどが出回っていたものだ。当時の中心メンバーはおそらく最年長だった小川さん(ダイナ☆コン20実行委員長)、高校生だった渡辺さん、後に神北恵太の名で知られるようになる内田さん(ダイナ☆コンEX実行委員長)、などなど。特に内田さんは当時からアニメックに名前が載るなどして、アニメファンの間では知られた存在であった。何度か例会に参加して割となじんできた8月の半ば、その月末に名古屋で開かれるSF大会(メイコン3)に参加することになっていた我々に、小川さんから命令が下る。会誌《Great Admiral》を増刷せよというのだ。たった30部とは言え、コンビニもコピー機も存在しない1979年に、高校1年生にそんなことができるのか? 地獄の3日間の始まりであった……。(続く)

私的名古屋SFファンダム史06(1978)2012-02-05 19:40

 しばらく間が空いてしまいましたが、まあ当分はこれぐらいのペースで書いていきます。

 スペース・フォースというのは、野田昌宏を大元帥として結成されたファン・グループであり、《SFマガジン》77年7月号のてれぽーと欄に初めて参加者の募集広告を出している。そこに中学時代の友人である大矢くんが入会希望の手紙を出して、正式に入会した。しばらくはなしのつぶてだったのだが、1年以上経過してからようやく東海ベースが結成され、1978年の11月より名古屋の中心部栄の喫茶店で月例会がスタートしていたのだ。我々も入会希望の手紙は出して、申込書をもらっていたのだが、根がスペ・オペ嫌いだったので、迷った末に即時入会はしなかった。大矢くんが入るならそこから情報を得ればいいかなと思ったのだろう。大矢くんも我々も野田さんの大ファンだったので、まずは中学生でも受け入れてくれそうな新規グループにコンタクトをとったわけである。2回目の例会は12月17日(日)に開催された。こちらからは正式会員の大矢くん、オブザーバーの形で我々二人(英樹と睦夫)、これも中学時代の友人T谷の計4名が参加した。栄地下のクリスタル広場ニッサンギャラリー前で他の方々と待ち合わせる。誰かが古い《SFマガジン》を手にしていたので、即座に出会いを果たすことができた。何でも最初は「SPACE FORCE」と描かれた旗を掲げていたそうだが、警備員に「旗はアピールになるのでダメです」と言われ、代わりに誰かが持っていたSFMを取り出したらしい。何故それが1967年2月号であったのかはもはやわからないが、多分そこに野田さんのコラム「古本への異常な愛情」が載っていたからではないか。誰が持っていたかは忘れたが、そのSFMの表紙だけは、今でもはっきりと覚えている。当時の栄待ち合わせのメッカ、人通りの多いクリスタル広場でそんなものを持った異様な集団は確かに目立っていた。参加者は20名弱。エーデルワイスという喫茶店の二階で例会は行われた。話の内容は忘れてしまったが、周りは皆大学生や高校生ばかりで、中学3年生の我々は隅っこの方で小さくなっていたような気がする。ローダンは読んでるの? と聞かれて「完結したら読みます」と答えるような生意気な中学生であった(無論読む気はないですよというメッセージである)。帰りにはセントラルパークで記念写真を撮っている。この後も何度も出かけているので、最初はそれなりに楽しく居心地はよかったのだろう。数年後には、会の方針と衝突し、KDFを結成して離脱することになるのだが。

 写真はスペース・フォース東海ベースの会誌《Great Admiral》の創刊号(1978年12月発行)。例会報告と、会員の自己紹介が主な内容であるが、当時出たばかりのニーヴン『リングワールド』紹介なども載っており、まずまずの内容と言えよう。青焼きコピーが時代を感じさせる。面白いのは、当時中学2年生の佐々木敦が正式会員として登録され、自己紹介もしていることである。音楽、映画、現代思想など幅広いジャンルで活動している評論家、佐々木敦も、当時は純真な一海外SFファンだったのだ。ゼラズニイやヴァーリイが好きだと書き、「SF百科図鑑」の中の「サンリオ近刊」という言葉にゾクゾクしているその姿は、当時の我々と全く同じであり、親近感を覚えたものであった。「スペース・フォースってスペオペのファンクラブなのにスペオペのこと全然書かなくてゴメンナサイ」と末尾に記されているのも、我々と同じスタンスである。例会で出会ったことはなく、すれ違いで終わってしまったのが実に残念であったが、要するに、当時の名古屋における海外SFファンの集まる場所というのが、スペフォーぐらいしかなかったということを、この事実は端的に物語っているのではないだろうか。(続く)

私的名古屋SFファンダム史05(1978)2012-01-28 21:07

 前回の続きで、時は1978年2月。我々(と書いているときは弟と自分を指す)のところにコミカ1で知り合った名工大SM研の兼岩さんから手紙が届いた。そこにはSM研の会報とともに、ハヤカワSFシリーズの全リストが同封されており、大変感激する。既にリストマニアへの道は始まっていたのである。何度か手紙のやり取りがあり、6月には名古屋工業大学の学校祭に行くことになった。手紙によると名工大SM研は『ガンマ3号 宇宙大作戦』『サンダーバード SOS原子旅客機』そして『スターウォーズ』の8mmダイジェスト版(日本公開の一ヶ月前であり、大変貴重なもの)の上映会を行っていたのだそうだが、全く記憶にないので、多分これらは観ていないはず。むしろ、ハヤカワSFシリーズや古い《SFマガジン》の展示を夢中になって見ていたことを、はっきりと覚えている。中学3年生だったので、大学のことなどよくわからないまま「将来は名古屋工業大学へ入る」と宣言して、そこにいた大学生たちを驚かせていたような気もする。父が名古屋工業大学の夜間を出ていたのでなじみ深く感じていて、自分たちもそこに入るものだと何となく思っていたのではないだろうか(実際は二人とも違う大学に入ることになるのだが)。

 この時期、TVやラジオ、雑誌ではやたらとSF特集が組まれ(6月9日には「独占!おとなの時間」のスター・ウォーズ特集で伊藤典夫、野田昌宏両氏の姿を初めて見ているし、6月11日の日曜スペシャルでは東京の大学SF研女子対抗による「SFクイズ」などというとんでもないものまで放映されている←《SFマガジン》78年8月号に野田さんによる詳細なレポート有)、7月にはついに「スター・ウォーズ」が公開された。7月末にはサンリオSF文庫も創刊しており、日記によれば、8月1日に『ビッグ・タイム』『辺境の惑星』『時は乱れて』『ノヴァ急報』の4冊を一挙に購入している。SF熱はいやが上にも高まり、もはや学校の友人たちと話すだけでは満足できなくなっていく。8月6日には、コミカ2が鶴舞の名古屋市公会堂に場所を変えて開かれ、もちろん参加しているのだが、漫画同人誌ばかりでSFファンジンはほとんどなく、兼岩さんには会えたものの、1回目ほどの感動はそこにはなかった。中学1年からの友人であり、SF仲間でもある大矢くんに誘われる形で、SFファングループの会合に初めて参加することになるのが、この年の12月。それは、スペースフォース名古屋支部の例会であった。(続く)

私的名古屋SFファンダム史04(1977-1978)2012-01-22 20:03

 なかなか話が進みませんが、まあ気長にお付き合いください。

 1977年の夏にはアメリカでスター・ウォーズ第一作が公開されており、その熱狂が「奇想天外」や「SFマガジン」を通じて伝わって来た。あちこちの雑誌でSF特集やSF映画特集が組まれ、所謂SFブームがやって来たのである。同時に名古屋では、東京から少し遅れて漫画同人誌ブームも起きていた。それを象徴するのが、おそらくは1975年に東京でスタートしていた漫画同人誌即売会コミック・マーケットを意識したであろう「コミック・カーニバル」の開催である。手元のスクラップ帳に、コミック・カーニバル開催を伝える中日新聞(東京新聞の名古屋版、というか東京新聞が中日新聞の東京版)1977年12月6日の記事があるので、下記にアップしておく(一部伏字にしました)。

http://www.asahi-net.or.jp/~YU4H-WTNB/19771206.jpg

 これを読むとわかるとおり、コミック・カーニバルを計画したのは、東海高校漫研を母体としたグループ・ドガであり、当時の代表者は後のミステリ作家森博嗣である。森博嗣は、当時すでに名古屋の漫画同人界では知られた存在であり、名古屋大学漫研とグループ・ドガの両方に在籍して、独特の繊細なタッチと詩的な作風で人気を博していたのだが、筆者はまだそれを知らなかった(後に大ファンとなり、自分が名古屋大学に入ろうと思うきっかけになるのだが、それはまた別の話になる)。多分この記事の写真の真ん中にいるのが森氏ではないかと思う。漫画ファンの一中学生としては、何か面白そうな催しが地元名古屋で開かれるということで、早速出かけることにしたのである。1月22日の日曜日、大雪が降っていたが、クラスの友人2人と弟、計4人で栄の中日ビルまでお昼過ぎに何とかたどり着く。4階に上がると、既にものすごい人、人、人。人をかきわけていくつもの同人誌を見ていく。その中に『昇天するミミズ天使』という本が置いてあり、思わず「あっ、ミミズ天使!」(フレドリック・ブラウン「ミミズ天使」のことですね)と叫んだことから、そこにいたお兄さんと1時間ほど話すことになる。本の内容はすっかり忘れてしまったが、そのお兄さんはかなりのSF・漫画ファンで、柴野拓美の家に行ったことがあるとか、萩尾望都の話とかで随分盛り上がった。この人は、名古屋工業大学SM研(SF&漫研)の兼岩さんという人で、大変世話好きな親切な方であった。これを機にしばらく文通したり、この年の名古屋工業大学の文化祭に出かけていったりすることになる。たまたま出かけた漫画同人誌即売会で、期せずしてSFファンダムの洗礼を受けてしまったわけだ。まあ、これも運命というやつですね。今、書いていた気づいたのだが、今日は1月22日。ちょうど今から34年前の今日の出来事であった。(続く)

私的名古屋SFファンダム史03(1977)2012-01-19 20:49

「SFが読みたい!2012年版」のブックガイド執筆のため、数日休ませてもらいました。ようやく書き終えたので再開します。

 さて、初めて入手した同人誌が紙切れ一枚でがっかりしたことは前回書いた通り。上記写真ではよくわからないと思うが、「イエローページ」という題名の月刊情報誌で、黄色い紙に横書き4ページ。「火の鳥」TV化!? とか「タチカワGペン譲ります」なんて記事が載っており、SFというより漫画情報誌という感じである。神奈川県で発行されているが、大阪の著名なSF同人誌「星群」の宣伝も載っているので、何か関係があったのかもしれない。内容はともかく、このフォーマットは、実はこの4年後後に我々が発行したSF情報誌「TORANU TあNUKI」にかなり影響を与えている。4号(1977年2月発行)から10号(1977年12月発行)までは手元にあるので(6号欠)、それなりに面白く読んではいたのだろう。何といっても、切手を貼った返信用封筒を送るだけで現物が届き、実質無料だったのが大きい。5号(1977年3月発行)がSFマガジンのバックナンバー販売特集で、60年代のものに3000円とか、とんでもない値段がついている。「今までのSALEの中では安い値がつけてあり他所ではありません」なんて書いてあるのだが、いくらなんでもそんな馬鹿な話はないだろう。無知な中学生でもこの値段が法外だということはわかったので、すごく欲しかったのだが、一冊も購入してはいない。無料で情報誌を送っておいて、古本で儲けようなんて、これって一種の悪徳商法? この2カ月後には鶴舞の古本屋でSFマガジンのバックナンバーを見つけて(300円~500円ぐらいだった)、山のように買い込むことになるのだけれど、それは3000円に比べればすごく安いという意識も働いたのかもしれない。

 この年の3月末、初めて「SFマガジン」と「奇想天外」を新刊書店で買う。1977年5月号である。特に何が載っていたわけでもないが、SFMでは、野田さんの「私をSFに狂わせた画描きたち(エド・カーティア)」、安田均の「SFスキャナー(プリースト「スペース・マシン」紹介)」などのコラムを夢中で読んだ。この後もしばらくは、小説よりもコラムを読むために購入していたようなものである。漫画は相変わらず萩尾望都をむさぼり読んでいた。ちょうど最初の作品集(赤い表紙のやつ)が出始めた頃で、毎月一冊ずつ刊行されるのを楽しみに購入していたものだ。学研から出ていた「SFファンタジア」の1・2巻、「別冊奇想天外・SF再入門大全集」もちょうどこの頃の発刊で、大いに影響を受けている。この中一の終りから中二の初めにかけて、我々の海外SF志向はすっかり固まっていた。(続く)