ケン・リュウ『蒲公英王朝記 巻ノ一 諸王の誉れ』2016-05-04 10:13

 つねづね『項羽と劉邦』の面白さは項羽と劉邦、二人の対照の妙にあると思っていた。由緒正しい家柄で丈夫に恵まれ高い戦闘能力を誇る項羽、農民出身で気品など全くない豪放磊落な性格である劉邦、この二人が最初は共に共通の敵秦国と戦い、ようやく秦を滅ぼしたと思った後、敵味方に別れて天下を争う戦いへと突入する。圧政に対する小さな反乱から始まる、この壮大な歴史の流れは、司馬遷の『史記』によって日本へと伝わり、司馬遼太郎の小説、横山光輝の漫画等々を通じて幅広く人口に膾炙している。少なくとも『三国志』よりは史実としての信頼性が高いと思われているためか、中学高校では今でも国語や漢文の授業で「四面楚歌」「鴻門の会」が扱われており(『三国志』が扱われることはまずない)、項羽と劉邦、二人をめぐる物語に親しむ素地は、日本では十分整っていると言える。

 ケン・リュウ待望の第一長篇『蒲公英王朝記 巻ノ一 諸王の誉れ』は、この項羽と劉邦の物語を、架空の世界に置き換えて、巧みに変奏してみせた力強い物語である。最初に断言しておこう。本書の面白さは圧倒的である。ケン・リュウは洗練された筆力で、もともと魅力的である歴史と人物造形を磨き上げ、神々の視点や科学技術上の改変点(この世界では、飛行船が空を飛び機械仕掛けの凧が滑空する)を付け加えているのだから、これで面白くならないわけがない。読者は、秦の始皇帝に当たるマピデレ皇帝の暗殺失敗から始まる物語にすぐに引き込まれ、項羽に当たるマタ・ジンドゥ、劉邦に当たるクニ・ガルの成長を見守りつつ、彼らとともに喜び、ともに涙することになるだろう。登場人物が多数登場するが、ザナ帝国対叛乱軍という図のどこかに収まっているので、基本的な構図さえ押さえておけば混乱することはないはずだ。秦帝国滅亡のきっかけとなった陳勝・呉広の乱も、クリマとシギンがきちんと再現している。有名な魚の予言まで取り入れているので、忠実な再現ぶりに最初は驚かされたが「本歌取り」とはそもそもそういうもの。大事なのは、本歌を踏まえた上で、どこまで作者の持ち味が発揮できるかだろう。『巻ノ一』は叛乱の序盤をほぼ正確に辿っているが、結末付近で意外な事件が起きており、ここからがますます面白くなりそうな展開となっている。まだまだ原書の半分。『巻ノ二』に大いに期待したい。

名古屋SFシンポジウム詳細2014-07-26 17:54

遅ればせながら名古屋SFシンポジウムの詳細です。

名称:名古屋SFシンポジウム

主催:椙山女学園大学国際コミュニケーション学部

共催:名古屋SFシンポジウム実行委員会

日時:平成26年9月27日(土)午後2時~5時30分

場所:椙山女学園大学(星ヶ丘駅より徒歩10分程度)

参加費:無料

テーマ:SFから世界へ

内容:パネル1「SFと翻訳」
    パネリスト 中村融(翻訳家)
            大野典宏(翻訳、テクニカルライター)
            舞狂小鬼(SF研究家)
       司会 長澤唯史(椙山女学園大学教授)

    パネル2「アニメ漫画の中のSF」
    パネリスト 八代嘉美(京都iPS細胞研究所特定准教授)
            山川賢一(評論家)
            片桐翔造(SF研究家)
            伊部智善(名古屋大学SF研究会)
        司会 渡辺英樹(SF研究家)

以上は予定です。変更もあり得ますので、ご了承ください。

ジョー・ウォルトン『図書室の魔法』2014-06-01 19:21

 舞台は1979年のイングランド。ウェールズで暮らしていた15歳の少女モルは一卵性双生児だが、双子の妹を事故で亡くしたばかり。普段から折り合いの悪かった母親が情緒的に不安定となったため、かつて母と子を捨てた父親の家に行くことになる。それまで会ったこともなかった父親の家には三人の伯母が同居しており、厄介者のモルは学校の寄宿舎で暮らすことになった。そこは上流家庭の子女が通うお嬢様学校であり、少数の友人はできるものの、基本的にモルにとっては居心地の悪い場所でしかない。もともと『指輪物語』とSFが大好きなモルは図書館に入り浸り、SF好きな父親の影響もあって、SFを中心とする読書に夢中になる。モルは、やがて外部の読書クラブの存在を知り、毎週の討論会を楽しみにするようになる。そこで同じSFファンの男の子ティムと親しくなっていくモルだが、実は彼女には驚くべき秘密があった……。読書好きな人、とりわけ子ども時代に周囲に違和感を感じ本の中にのめり込んだ経験を持つ人にとって、本書はとても共感できる一冊である。

 作者は1964年生まれだから、1979年には主人公と同じ15歳。モルの造形には自身の体験が濃厚に反映されているのだろう。ル・グイン、デイレーニイ、ゼラズニイらの著作に15歳という多感な時期に出会い夢中になったのは、主人公だけでなく、おそらく作者自身でもあるはずだ。個人的な話になって申し訳ないが、作者と1年違いで1979年に16歳だった筆者も、同時期にモルと同じ本を読んでSFに取り憑かれてしまった一人である。これは本当に当時の翻訳出版状況(と翻訳者の方々)のおかげなのだが、たとえば本書に登場する『アンバーの九王子』『天のろくろ』『エンパイア・スター』などはすべて78年~80年に刊行されているので、本当に筆者とモルは同じ本をほぼ同じ時に読んでいたことになる。当時は折からのSFブームのおかげで英米SFの話題作はリアルタイムか、やや遅れて紹介されていたのだ。本書を読むことは、まさしく自分の読書遍歴を辿ることに他ならず、実に奇妙な感じを受けた。しかも、自分はたまたま一卵性双生児であり、双子の妹を亡くした主人公の気持ちも痛いほどよくわかる。モルが他人とは思えなかった所以である。ただし、自分の立ち位置はモルよりはそのボーイフレンドのティムに近い(特にあまり読まずにハインラインを馬鹿にしているところなど)。「ハインラインはファシストなんかじゃない。人間の尊厳や責任、誠実さや義務感といった昔ながらの価値観がどれほど大切か、作品の中で訴えているだけよ」というモルのセリフには、今さらながら、はっとさせられた。

 つい横道に逸れてしまったが、本書の主題は、母との確執並びに妹の死の克服という思いテーマをファンアジイの形で描くところにある。モルには実はフェアリーが見えるという無茶な設定はおそらく妄想だろうと思って読んでいったのだが、あにはからんや、良い意味で予測を裏切る展開であり、結末であった。SF/ファンタジイ以外にもシェイクスピアなど文学への言及も多く、たとえ嗜好や過ごした時代は違っても、思春期に読書に夢中になった人なら必ず楽しめる一冊だと思う。

イアン・マクドナルド『旋舞の千年都市』2014-05-25 22:28

 本書は、近未来のイスタンブールを舞台に、心臓病のため聴覚を遮断されている子どもジャン、テロを間近で目撃して以来精霊(ジン)が見えるようになった青年ネジュデット、かつては反政府運動の闘士として活動した過去を持つ元大学教授ゲオルギオス、画廊を営む美術商の女性アイシェと遣り手のトレーダーである青年アドナンのカップルなど、様々な地位と年齢の人々の、月曜日から金曜日、即ちわずか5日間の出来事を描いた物語である。

 ストーリイの主軸は二つ。一方はテロに巻き込まれていく子どもジャンと青年ネジュデットの物語、もう一方はイスタンブールに存在したと言われる伝説の「蜜人」を巡るアイシェたちの物語だ。前者は、ジャンが作った群遊ロボットのカメラアイを通じて空間を超え、後者は「蜜人」を追い求める過程で東洋と西洋を結ぶ古都イスタンブールの歴史を浮かび上がらせる。横軸と縦軸、空間と時間の広がりを背景に、ナノテクノロジー、行動経済学、群遊ロボットなど数多くのアイディア、ガジェットが詰め込まれ、現在形の動詞を主とした短文を積み重ねたリズム感溢れる魅力的な文体(これは翻訳の力が大きい)で語られている。

 マクドナルドの作家的な立ち位置は、西洋の近代合理主義をケルトやインドやトルコといった、非西洋の立場から見つめ直し、問い直そうというものだと理解している。単純に土俗的なものの勝利で終わるのではなく、西洋と非西洋が入り混じり、土俗とテクノロジーが融合していく、その混淆をこそマクドナルドは好んで描く。そうした意味で、本書の舞台がイスタンブールとなるのは、必然でもあった。

 最初のうちは登場人物も多くエピソードがばらばらで、すぐに場面転換してしまうので、読み進めるのが辛いけれど、それを乗り越えてしまえば(木曜日あたりから)、読者はぐいぐいと物語に突き動かされ、感動の結末へと辿り着く。『サイバラバード・デイズ』のように人間性を超えた彼岸を目指したのではなく、あくまでも男女を巡る人間的な、あまりに人間的な結末に少々不満は残るが、これだけ楽しませてくれたのだから、文句は言うまい。後は、イスタンブールの熱気が直に伝わってくるかのような緻密な描写に随分と酔わされた。筆者は十数年前にイスタンブールを一度訪れたことがあるが、本書を読みながら、その時の街の様子、朝の空気がまざまざと蘇ってきたのには驚いた。マクドナルドの描写力というか文章力は、かなりのものだと思う。さらに、詳細が書けないのが残念であるが、筆者も幼少時に観ていた某海外アニメが最後に重要な役割を果たしているのも、個人的にはうれしい驚きであった。何はともあれ、創元海外SF叢書第一弾にふさわしい、必読の力作である。

鈴木創『なごや古本屋案内』2014-04-29 06:45

 ちょっと古いが、2013年11月に地元名古屋の風媒社から発行された本。中学1年のときから鶴舞・上前津といった名古屋の古書街に足繁く通い、高校生のときには自らの進路を語る3分間スピーチで「古本屋になりたい」と言い切った筆者にとって、本書は見逃せない一冊だ。

「なごや」と言いながら実際には愛知・岐阜・三重を幅広くカバーしているため、本書に登場する古本屋をすべて知っているわけではない。また、自分に興味のある分野は限られているため、実際に本書を見てこの古本屋へ行こうということはあまりないだろう。それでも、本書が読んでいて面白いのは、店主のインタビューを中心としているために、店主の本に対する思い、古本屋への思いが直に伝わってくるところである。多くの同種のガイドブックは、当たり前だが、そこがどんな本屋でどんな本を扱っているかということを中心としている。というか、それしかない場合がほとんどであろう。編著者の鈴木さんは自ら「シマウマ書房」という古本屋の店主であり、他の店主への敬意を払ってインタビューに臨んでいることが文章からもよくわかる。そうか、あの店にはこんな経緯があったのかとか、おお、あの人がこんなところで店を開いているとか、この辺りの古本屋をよく知る者にとっては驚きに満ちているし、そうでない人にとっても、古本屋というものを理解する一助となるはずだ。清水良典、諏訪哲史といった地元在住の評論家、作家が古本屋に関するエッセイを寄稿しているのも読んでいて楽しい企画となっている。SFファンにとっては、地元のBNF岡田正哉氏が30年前の名古屋の古本屋を紹介するエッセイが読めるのがうれしい贈り物だ(高井信さん、ありがとうございます)。

 中学生の頃、なけなしのお金をはたいてCOMを買った山星書店。つたや書店では、SFマガジンのバックナンバーを大量に買い込み、自転車の荷台にくくりつけて帰った。ブラックユーモア全集を揃いで買った大学堂。煙草の匂いがしみついたハヤカワ文庫の中からちょっとでもいいものを選んで買った千代田書店。春日井で営業していた椙山書店が店を閉める時には、本棚をたくさん貰って帰った(今目の前にあるのがそれだ)。海星堂に、自分が作った同人誌が売っていた時にはびっくりしたなあ。シマウマ書房で綺麗なアメージングストーリーズ日本語版を一挙に6冊購入した時は手が震えたよ。想い出を書き出せばきりがない。本書を読むことは、自分にとって人生を振り返る旅でもあった。