私的名古屋SFファンダム史06(1978)2012-02-05 19:40

 しばらく間が空いてしまいましたが、まあ当分はこれぐらいのペースで書いていきます。

 スペース・フォースというのは、野田昌宏を大元帥として結成されたファン・グループであり、《SFマガジン》77年7月号のてれぽーと欄に初めて参加者の募集広告を出している。そこに中学時代の友人である大矢くんが入会希望の手紙を出して、正式に入会した。しばらくはなしのつぶてだったのだが、1年以上経過してからようやく東海ベースが結成され、1978年の11月より名古屋の中心部栄の喫茶店で月例会がスタートしていたのだ。我々も入会希望の手紙は出して、申込書をもらっていたのだが、根がスペ・オペ嫌いだったので、迷った末に即時入会はしなかった。大矢くんが入るならそこから情報を得ればいいかなと思ったのだろう。大矢くんも我々も野田さんの大ファンだったので、まずは中学生でも受け入れてくれそうな新規グループにコンタクトをとったわけである。2回目の例会は12月17日(日)に開催された。こちらからは正式会員の大矢くん、オブザーバーの形で我々二人(英樹と睦夫)、これも中学時代の友人T谷の計4名が参加した。栄地下のクリスタル広場ニッサンギャラリー前で他の方々と待ち合わせる。誰かが古い《SFマガジン》を手にしていたので、即座に出会いを果たすことができた。何でも最初は「SPACE FORCE」と描かれた旗を掲げていたそうだが、警備員に「旗はアピールになるのでダメです」と言われ、代わりに誰かが持っていたSFMを取り出したらしい。何故それが1967年2月号であったのかはもはやわからないが、多分そこに野田さんのコラム「古本への異常な愛情」が載っていたからではないか。誰が持っていたかは忘れたが、そのSFMの表紙だけは、今でもはっきりと覚えている。当時の栄待ち合わせのメッカ、人通りの多いクリスタル広場でそんなものを持った異様な集団は確かに目立っていた。参加者は20名弱。エーデルワイスという喫茶店の二階で例会は行われた。話の内容は忘れてしまったが、周りは皆大学生や高校生ばかりで、中学3年生の我々は隅っこの方で小さくなっていたような気がする。ローダンは読んでるの? と聞かれて「完結したら読みます」と答えるような生意気な中学生であった(無論読む気はないですよというメッセージである)。帰りにはセントラルパークで記念写真を撮っている。この後も何度も出かけているので、最初はそれなりに楽しく居心地はよかったのだろう。数年後には、会の方針と衝突し、KDFを結成して離脱することになるのだが。

 写真はスペース・フォース東海ベースの会誌《Great Admiral》の創刊号(1978年12月発行)。例会報告と、会員の自己紹介が主な内容であるが、当時出たばかりのニーヴン『リングワールド』紹介なども載っており、まずまずの内容と言えよう。青焼きコピーが時代を感じさせる。面白いのは、当時中学2年生の佐々木敦が正式会員として登録され、自己紹介もしていることである。音楽、映画、現代思想など幅広いジャンルで活動している評論家、佐々木敦も、当時は純真な一海外SFファンだったのだ。ゼラズニイやヴァーリイが好きだと書き、「SF百科図鑑」の中の「サンリオ近刊」という言葉にゾクゾクしているその姿は、当時の我々と全く同じであり、親近感を覚えたものであった。「スペース・フォースってスペオペのファンクラブなのにスペオペのこと全然書かなくてゴメンナサイ」と末尾に記されているのも、我々と同じスタンスである。例会で出会ったことはなく、すれ違いで終わってしまったのが実に残念であったが、要するに、当時の名古屋における海外SFファンの集まる場所というのが、スペフォーぐらいしかなかったということを、この事実は端的に物語っているのではないだろうか。(続く)

『SFが読みたい! 2012年版』2012-02-12 14:47

 今年も出ました。これでもう13冊目になるので随分続いていることになる。これが出るとようやく昨年のSF界を振り返る気分になるね。自分が昨年の話題作をどれぐらい読んでいるか(いないか)、自分のベスト1は全体では何位だったのか、とかが初めてわかるわけである。
 最初の3冊までは、《SFマガジン》海外レビュー欄を担当していた関係で、海外編の作品ガイドも執筆しており、海外の話題作はほとんど読んでいたはずだ。レビューを降りてからは、読みたくない本まで読んできた反動もあって、新刊SFを読む量が激減し、よく読めた年でもベスト10の半分ぐらい。自分のベスト5と全体のベスト5も、昔は割合一致していたのに、最近は全くズレている。ように思っていたのだが、実際はどうなのだろう。ちょっとヒマだったので、相関図を作ってみた(笑)。

http://www.asahi-net.or.jp/~YU4H-WTNB/best10.pdf

 結果はやはり思っていたとおり。2007年までは自分の1位はほぼ全体の1位とかぶっており、悪くても3位までには入っている(2003年のパングボーン『デイヴィー』を除く)。しかし、2008年に1位にしたレム『大失敗』がベスト10圏外となったのを皮切りに、その後は自分のベスト1はほとんど上位に来なくなった。特に2010年・2011年の2年は、全体のベスト3と自分のベスト5が全くかぶらないという異常事態となっている。これは自分の好みと全体の好みとがズレてきたんだなあ、と理解して寂しく思っていたのだが、昨年に限ってはそんなことはない! 1位の『ダールグレン』こそ全体7位と振るわなかったが、2位~5位はちゃんと全体上位に入っているではないか。ということは、自分の好みと全体の好みがズレてきたのではなくて、2010年・2011年には単に自分好みの本が出ていなかったというだけのことなのか。いや、そう言えば、2010年はそもそも全体1位の本を読んでいなかったっけ。これ『ペルディード・ストリート・ステーション』だから、読んでいれば、確実に1位にしたはずだ。自分の読書量が足りなければ、当然上位に入るべき本も入らないという当然の理屈ですね。出版社のせいにしてはいけません。反省、反省。

 あとは、『プランク・ダイヴ』1位記念の山岸真インタビュウが面白い。自らのファン活動と80年代SF史を絡めて語る半自伝的な内容となっており、氏のSF観や現在の立ち位置が実によくわかる。氏と自分とは同世代であり、同じ時代を海外SFファンとして過ごした「同志」として、氏の考え方には共感するところが多数ある。これからも頑張ってください! まずはコーニイ『ハローサマー・グッドバイ』続編をぜひ!

高野和明『ジェノサイド』2012-02-13 21:02

 『SFが読みたい! 2012年版』でも6位に入っており、アンビの新年会でも話題になっていたので読んでみた。

 死んだ父親が研究していた新薬をめぐる陰謀に巻き込まれた大学院生の物語と、アフリカ奥地でウィルスに感染した部族を撲滅する任務を帯びた傭兵の物語とが交錯し、人類の未来に関するヴィジョンも描かれるという壮大なストーリイとなっている。薬物に関する理論や軍事兵器などは入念にリサーチされており、特に、新薬開発の過程などは、なるほどこうやって薬というのは作られていくのかと興味深く読むことができた。後はハイズマン博士が書いた架空論文「人類の絶滅要因の研究と政策への提言(通称ハイズマン・レポート)」がよく作り込まれていて面白い。こうした設定をきちんと積み重ねているので、物語に圧倒的なリアリティが生じるわけである。
 タイトルの「ジェノサイド」は、直接的には、傭兵の使命となったアフリカ奥地のピグミー族虐殺を指すと思われるが、それに人類が繰り返してきた集団虐殺(アウシュヴィッツへの言及あり)を重ね合わせ、さらにもうひとひねりSF的な展開を加えた三重の意味があり、象徴的なタイトルにはなっている。エンターテイメントとしての完成度は高い。しかし、SFファンとしての立場から敢えて言うならば、やはりこの物語の結末から始まる物語をこそ読みたいと思う。
 アフリカ・パートの過激な描写と日本パートのぬるま湯的な描写の対比は意図されたものだとは思うが、典型的な巻き込まれ型キャラである日本の大学院生の描き方が平板で魅力に乏しいのもどうかと思う。こうでないと今の若者が共感できる作品にならないのかな。まあでも、アフリカ・パートの迫力に圧倒されたのは事実なので、作者の筆力があるのは確か。後はもう少し想像力の翼を広げてほしい、哲学的な深みもほしいというのは、ないものねだりなのだろうか。

永井豪『鬼 ―2889年の反乱―』2012-02-19 23:01

 『ジェノサイド』を読んで、大量虐殺を続ける人間のどうしようもない愚かさを描いた作品をいろいろと思いだしていたのだが、やはり自分の根本にあるのは永井豪の『デビルマン』ではないかという結論に達した(もちろんアニメではなく「少年マガジン」に連載された原作の方)。

 この作品の衝撃というのは凄まじく、今でも人間が馬鹿なことばかり繰り返していると(イスラエルがイランを攻撃すると脅したりね)、「お前らこそが悪魔だ」「地獄へ堕ちろ人間ども!」という5巻のセリフが見開きで炎を吐きだすデビルマンの姿とともに頭に浮かんでくるほどである。人間の敵として迫害されるデビルマンこそが人類の救世主であり、人間が悪魔そのものに見えてくるという逆転の発想に、小学生だった当時の自分は心の底からしびれてしまったわけだ。そして初期の設定をことごとく否定し、真実へとたどりつくまでの謎に満ちた後半の展開も実にスリリングであった。昔からあの展開はいつから考えてあったのだろうと不思議に思っていたのだが、永井豪がデビルマン執筆時を振り返る半自伝的マンガ『激マン!』が現在5巻まで刊行中であり(2010年5月~『漫画ゴラク』にて連載中)、これを読むと当時の様子が実によくわかる。飛鳥了が実は××だったという展開はやはり最初からの構想ではなく、後から思いついたものであったらしい。途中で思いついたにしては、このアイディアは完璧な着地点である。傑作が生まれるときというのは、こういう奇跡の瞬間があるものなのだ。後半の怒濤のような展開も、実は連載打ち切りを数カ月延ばしてもらってやっと描き上げることができたものだったという顛末が語られており、永井豪ファンというか、『デビルマン』ファンは必読の内容となっている。ただし、これ、半分ぐらいは『デビルマン』の内容を描き直しているので、既に単行本を持っている読者には無用の長物だし、これで初めて『デビルマン』を読む読者がいたらちょっと可哀想である。何といっても、『デビルマン』後半の魅力の大きな部分は、連載当時でなければ永井豪が描き得なかった、熱気のこもったダイナミックな画風にあるのだから。

 さて、前置きが長くなってしまったが、永井豪が初めてシリアスなSFに取り組んだとされる作品が「鬼 ―2889年の反乱―」(1970)である。人間の奴隷として虐待を受けてきた合成人間である「鬼」が人間に対して反乱を起こす物語であり、鬼の人間に対する問いかけ――「俺の心を鬼にしたのは誰だ?」というセリフは、デビルマンの人間に対する呪詛――「お前らこそ悪魔だ」というセリフと明瞭に響き合っている。結末は、人間への復讐を続ける鬼が、これでは自分も人間と同じではないかと気づく場面で終わっており、「1970年1月1日、未来人が鬼によせた偏見と侮蔑、それとまったくおなじ行為がおこなわれていないと断言できる人はいるだろうか」と作者は突如現代へと批判の矛先を向ける。さらに畳みかけるように作者は「あなたの一つ一つの行為が、未来においてだれかをおいつめ、だれかをあのはてしなき殺戮にかりたてようとしてはいないだろうか…」と書くのだが、こういう読者への問いかけで終わる漫画って、今はもうないよね。これから40年以上が経過した今でも、世界情勢は全く良くなっていない。ということはこの作品の狙いは今でも有効ということだ。未読の方はぜひご一読あれ。

私的名古屋SFファンダム史07(1979)2012-02-20 21:53

 前回の続き。高校受験を控えた中3の1月(1979年1月15日)にもスペースフォースの例会に出かけている。当時は午後の例会の前に、鶴舞から古本屋や本屋を回りながら栄まで歩くのが楽しみで出かけていたような気もする。たとえば、この日購入した本は以下の通り。『デューン/砂丘の子供たち1・2』『無常の月』『リングワールド』『SF百科図鑑』『霊長類南へ』《SFM》バックナンバー1970~1976年まで8冊、《ぱふ》、丸善で《F&SF》1978年12月号(前回例会時に星新一「おーい、でてこーい」の英訳が掲載されていた11月号を初めて購入して面白いと思ったので、続けて買っている)。《SFM》のバックナンバーが徐々に集まっていくのがとにかくうれしかったなあ。『はみだしっ子』を知り、夢中で読みふけったのもこの頃だ。特に5巻「奴らが消えた夜」と6巻「裏切者」は大好きで何度も読み、涙した。今でも仕事で何か報われないことがあると、「よくやったことの報酬は、それをよくやったことだけさ」と心でつぶやくことは多い。映画『2001年宇宙の旅』のリバイバル公開もこの頃。2月25日に観に行って、大変感銘を受けた。こんな生活なので勉強はほとんどしていなかったが、何とか我々二人は公立高校(千種高校と明和高校)に合格し、4月より晴れて高校生となった。自分は国鉄と地下鉄の乗り換え駅が千種だったので、毎日ちくさ正文館に寄れるようになる。これが一番うれしかったことかもしれない。

 4月には中学時代の友人O部とともに、3度目のスペース・フォース例会に出かけている。O部は中部工大付属高校に入学しており、そこでSF好きの友人を早速見つけたようで、5月には、その友人を連れてスペース・フォース例会に出かけている。その友人こそが今でもつきあいが続いている原科(「TORANU TあNUKI」初代編集長)である。最近のアンビ例会で原科と最初に出会ったのはいつだろうという話題が出ていたので、ここにきちんと記しておく。1979年5月20日、何と今から33年近く前(!)のことである。

 さて、当時の例会の様子はと言うと、スペオペの会なので、あまり本格SFの話はできず、漫画やアニメの話が多かったと記憶している。ガンダムの放映も始まっていたので、設定書のコピーなどが出回っていたものだ。当時の中心メンバーはおそらく最年長だった小川さん(ダイナ☆コン20実行委員長)、高校生だった渡辺さん、後に神北恵太の名で知られるようになる内田さん(ダイナ☆コンEX実行委員長)、などなど。特に内田さんは当時からアニメックに名前が載るなどして、アニメファンの間では知られた存在であった。何度か例会に参加して割となじんできた8月の半ば、その月末に名古屋で開かれるSF大会(メイコン3)に参加することになっていた我々に、小川さんから命令が下る。会誌《Great Admiral》を増刷せよというのだ。たった30部とは言え、コンビニもコピー機も存在しない1979年に、高校1年生にそんなことができるのか? 地獄の3日間の始まりであった……。(続く)