P・K・ディック『空間亀裂』2013-03-10 06:58

 ある機械の内部に偶然発見された亀裂から別の空間に移動できるようになるというアイディアは、SFにはよくあるもの。普通は、亀裂の発見から生じる世界や一国を巻き込むような大騒動を描くか、または亀裂の発見を隠して個人の人生と絡め人情ドラマに持ち込むかのどちらかになることが多いのだが、決してどちらにもならないのがディックならではの面白さである。亀裂の中に愛人を隠してみたり、亀裂の向こう側に何千万人もの冷凍睡眠者を送り込もうとしてみたり、さらには向こう側からとんでもないものが出てきたり、出てきたと思ったらすぐ引っ込んだり、もうやっていることが無茶苦茶、支離滅裂。個人の思いつきで世界全体がすぐに動いてしまうので、特に物語の後半において、おいおい、いくらなんでもそれはないんじゃないのと突っ込みたくなる個所が満載である。そうした意味では楽しめるのだが、普通の読書体験を求めている人には苦痛以外の何物でもないだろう。頭上に浮かぶ娼館衛星とか、その支配人であるシャム双生児とか個々のアイディアやキャラクターは面白いので、ちょっともったいない気はする。

 私見では、この異形の双生児ジョージ・ウォルトが悪になりきれていないところに本書最大の欠陥があるのだと思う。ディックがこのキャラをもっと掘り下げて描き、パーマー・エルドリッチやジョー・チップぐらいの存在感を持たせることができていれば、おそらく黒人大統領候補ジム・ブリスキンやテラン開発社長レオンとの闘いにもっと緊張感がもたらされ、物語の完成度は高くなったことだろう。しかし、それもいいかもしれないが、このだらだらした展開も捨てがたい、というのが(自分も含めた)ディック・マニアの偽らざる感想ではないだろうか。いや、本当に普通のSFの十倍は楽しめました。未訳の残り2冊(『ヴァルカンズ・ハンマー』『ガニメデ・デイクオーヴァー』)も早く読みたいものです。佐藤龍雄さん、よろしくお願いします!

 校正を一つ。103頁の「ジスビー・ウォルト」は「オルト」では?

コメント

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://sciencefiction.asablo.jp/blog/2013/03/10/6742362/tb

_ ★究極映像研究所★ - 2013-03-31 21:12

空間亀裂 - フィリップ・K・ディック/佐藤龍雄 訳|東京創元社 時間理論を応用してつくられた超高速移動機の内部に亀裂が発見された。そこからは別の時間、別の世界が覗き見られるという……。ときに西暦2080年、世界は人口爆発に苦しめられていた。避妊薬は無料となり、売春も法的に認可されている。史上初の黒人大統領候補ブリスキンは、かつて夢見られ今は放棄された惑星殖民計画の再開を宣言するが……。ディック中期の長編、本邦初訳! P.K.ディックの初訳出長篇『空間亀裂』読了。 修理工場で見つかる超高速移動機のひび割れ。ピンク色の娼館衛星きんのとびらとそこに君臨する異形の者ジョージ・ウォルト。そして空間の裂け目に現れる異世界…。 …まるで吾妻ひでおの漫画のようだ(^^)。表紙は彼しかいない!  ということで、物語からイメージした表紙に合うものがあるかと画像検索。 冒頭に引用したディック『空間亀裂』の各国