アンビ新年会2013-01-05 19:45

 年二回(夏と冬)のアンビ例会のうち、冬の方(新年会)が昨日4日夜開かれた。今回は日経パソコン編集長中野を迎えて、総勢10名で開催(渡辺4名、T築、H科、M田、H川、H谷)。会場は名古屋駅のスペイン料理屋MARU。なぜかパエリアが釜めしのような入れ物で出てくる不思議なスペイン料理屋であったが、まあ雰囲気は良い店であった。

 夏に行う予定の名大SF研30周年に向けて、ぜひ中野に司会をお願いしようと思ったのだが、中野からは、本来これは現役生がすべき催しであり、われわれが実施するならOB会の30周年の方ではないかという問題提起があり、ちょっと考えさせられた。

 確かにそれはそうなのだが、既に10月のダイナコンで現役生のまとめ役であろうと思われるKくんと現顧問の山田くんには話を通してあり、こちらが会場・場所を決めて告知するという点については、了解を得ている。もちろん企画などについては現役参加で考えてもらってもかまわないわけで、とにかく日程と会場を押さえることが大事と考えられるので、動き始めたわけなのだが、これってマズいのだろうか。とりあえず、動きながら考えるということにしておくので、何かご意見等あれば渡辺英樹までお願いします。

 さて、例会の話題は、11月の「エヴァQ」および「009」の公開を受けて、SFの話題というよりはアニメの話題が多くなる。その勢いもあって、二次会はこのメンバーでは非常に珍しいカラオケに突入(朝子さんを除く9名参加)。最初は前みたいにカラオケBOXだけ借りて話をするのかと思ったら、誰かがロボットアニメメドレーなどを入れ出して、ついつい歌い始めてしまう。すると、もう後は止まらない。音痴なのであまり歌いたくはないのだが、どうしても曲を聞くと歌いたくなってしまうのだ。いや、お恥ずかしい限り。でも楽しかったよ。大学時代のアニソンコンパを思い出してしまった。

 次回は夏、できればSF研30周年行事で会いましょう!

コメント

_ 渡辺朝子 ― 2013-01-05 22:16

昨日はありがとうございました。本も重いのに大量にお持ち帰りいただきすみません。ところで、前回分の日記、「ビブリオ」→「ビブリア」では……私もよくビブリオと言ってしまって娘に指摘されるものですから(笑)

_ 渡辺英樹 ― 2013-01-07 23:35

そのとおりですね。直しておきました。本などありがとうございました。『進撃の巨人』まとめて読み直すと、けっこうきちんと伏線が張ってあることがわかったりして面白かったです。ではまた。

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://sciencefiction.asablo.jp/blog/2013/01/05/6682452/tb