アンビ新年会2012-01-07 23:23

 毎年恒例、アンビの新年会である。アンビと言ってもわからない方のために書いておくと、これは1980年に結成されたローカルSFファングループ「KDF」が1982年に「アンビヴァレンス」と改名したもので、その後、名大SF研、南山文学研SF班、岐阜大SF研とメンバーを広げながら続いてきたもの。最近は8月末と1月初めの年2回の集まりだけになってしまったが、まあ、続けることに意義があるということで、これぐらいがいいんじゃないかと思っている。いつもは名駅か栄に集まっているのだが、今回は趣向を変えて、鶴舞のインド料理屋にて開催。9名+後から2名追加。二次会は「笑笑」へ。

 話は主に昨年度の収穫作品について。SFは『ダールグレン』『プランク・ダイヴ』『ねじまき少女』『奇跡なす者たち』などなど(忘れていた自分のマイ・ベストはこの順でした。5位は『スティーヴ・フィーバー』。次点に『ブラッドベリ年代記』『翼あるもの』です)。このミス1位の『ジェノサイド』にはTくんの詳細な解説が入り、2位の『折れた竜骨』にはM夫の詳しい説明が入る。『折れた竜骨』は早速読んでみよう。H谷さんは相変わらずバリバリ読んでいる。去年読んだ本は210冊を超えたとか、すごいなあ。こちらは70冊超えが精一杯。もっと見習わなくては。K一くんは映画をバリバリ観ている。これも見習おう。Hくんがいなかったので、アニメの話はあまり出来ず(個人的に昨年のSFベスト1は実は「まどか☆マギカ」なのでした。これについてはまた詳しく書きます)。

 店の料理が食べ放題コースだったので、どんどん注文してしまう。カレーもおいしく(エビとほうれん草最高でした)、タンドールチキン、シークカバブ、どれもよし。ナンを食べ過ぎて、お腹が苦しい。いや、大満足でした。K一くん、幹事いつもありがとう。また次は夏に会いましょう!

コメント

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://sciencefiction.asablo.jp/blog/2012/01/07/6281624/tb